にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
          ブログ村ランキングに参加中です

『今日の一枚』  COL DE LA SEIGNEの頂・・・イタリアが見える

おやじランナーのランニング活動を応援してくださる方、
写真をワンクリック!お願いしますね 
みなさんの激励・応援のおかげで、頑張ることができます 



【本日のテーマ】
『UTMB(その7)~LAC COMBALまで』

LES CHAPIEUXのエイドをギリギリに抜けてからというもの、とにかく必死ですよ。
いかにLAC COMBALに時間内に到達するか。
それだけを考えて、とにかく這いずり回るしかない。
幸い、エイドを出てからというもの、登りは登りですが、アスファルトのロード。
これは足元の悪さに苦しめられていただけに、本当に助かりました。
手元のAMBITは、1kmあたりのペースを表示してくれます。
ロードの道が続いているうちに、何とかペースを稼いでおこうと思い、ポールを巧みに補助に使いながら、足早に登っていきます。
歩きのペースによりますが、11分~傾斜のきついところでも、13分台ぐらいのペースで登っていけました。
かなりの早歩きですが、UTMBでは、いかに早く歩けるかが大切なのだと実感しました。
とにかくロードの登りで、いったい何人抜いただろうと思うほど、ガンガン登って行きました。

このままずっとロードならいいなあと思っていましたが、やはりそうはいきません。
数キロ登ったところで、舗装道が終わりました。
それでもしばらくは比較的歩きやすい道でした。
なのでペースをさほど変えずに早歩きを続けました。
しかし、徐々に道も悪くなり、傾斜もきつくなるなど、段々と早歩きは難しくなってきました。
走行ペースも徐々にキロ15分を超えたるするようにもなってきました。
それでも何人ものランナーを、激坂でハアハア言いながら抜いていきました。

しかしそれにしても一体どれだけ登ればいいんだろう。
かれこれ相当登ったように思うのに、また次の峠が目の前にあらわれます。
一体何個目になるんだ?
新しい峠が次に目に入ってくるたびに、徐々に気持ちが滅入っていきます。
かなり速いペースで登ってきましたが、さすがに体力的に落ち込みがきました。
苦しい・・・もう登れない・・・。
ペースが大幅にダウンし、時折岩に座って休むようになってきました。
約15kmの区間ですが、登りのピークまでが約10km。
下りは約5km。
そのピークがいくら行っても見えてこないのです。
ああ・・・ペースがもう戻ってこない。
徐々に気持ちが切れ始めました。
座って休むことが多くなり、先ほど追い越した人たちに、どんどん追い越されるようになりました。

後方からきた数人の日本人たちと言葉を交わしました。
厳しいですねと。
ですがその人たちは黙々と登っていました。
これにはついていこうと思い、苦しいけれど後ろにつきました。

DSC02144DSC02147









気がつけば、いつのまにか陽が昇ってきていました。
周りが少しずつ見えるようになってきましたが、こんなように景色は絶景でした。
山肌にはしっかり雪をたたえており、登ってきた道を振り返ると、とんでもない登りを上がってきたことに気付きました。
これはトレイルランニングではありません。
明らかにトレッキング・・・登山です。

長い長い・・・本当にとんでもなく長い登りでしたが、ようやく頂上らしい所が見え始めました。
人が何人か立って休んでいるところが遥か上に見えます。
あそこかな・・・そう思うと、少しがんばる気が出てきました。

DSC02148

















ようやく登りのピークにたどり着きました。
どんだけ長かったんや・・・。
ここにはコーススタッフがいて、ゼッケンチェックがありました。
それによって、LIVE TRAILという、リアルタイム速報にデータを転送しているのです。
あとで確認したのですが、LES CHAPIEUXからここのピークであるCOL DE LA SEIGNEまでの約10kmの登りを、苦しみながらも2時間35分で通過していました。
序盤の登りをかなりハイペースでがんばったことが良かったのか、順位も100番以上上がっていました。
ただ疲労はピーク。
ここから基本的に下りですが、今度は逆に下りの傾斜がきつくて、これはこれで走りにくいのです。

DSC02150

















足の疲れと痛みはかなりきつくなっていました。
なので、ここは体力の温存と、足の休息を与えながらの下りになりました。
抜かれもしましたが、決して急がず、休みながらの前進です。
下りきったところにエイドはあるはずですが、これまたいくら進んでもエイドは見えてきません。
牛がたくさん放牧されている農場を過ぎ、左手に山を見ながらトボトボと歩く。
思ったよりずいぶん歩くと、最後に少しくだったところで、ようやくエイドのテントが見え始めました。

DSC02151

















第5関門のLAC COMBAL(64.1km地点:制限08:30)です。
到達時刻は8時6分14秒
思ったより時間は短縮できたのですが、その分体力的にも厳しくなってきました。
後で考えれば、ここが初日の最大の山場だったのでしょうね。
エイドでは十分時間を取り、食事と水分補給に努めました。
次の関門であり中間点でもあるCOURMAYEURまでは、途中1箇所エイドを挟んで、約13km。
登りを含めて配当時間は3時間半。
時間的には問題ありませんが、そこまでにどれだけの貯金が作れるかです。
しかし、このエイドに到着した時点で20分以上時間があったのですが、14分近く滞在したため、貯金はわずか10分となってしまいました。
十分な休憩ができたわけではないのですが、とにかくCOURMAYEURに向けて歩を進めるためにエイドをあとにしたのです。


8man おやじランナーのランニング活動を応援してくださる方、ワンクリックお願いします。

ブログ村ランキングに参加中です



今日の格言

『なんとか山場は堪え忍んだものの・・・』

最後まで読んでいただき、ありがとうございました
ブログランキングの応援お願いします
皆さんのワンクリックが力になります
よろしければこの写真をポチッとお願いします


frank


【ブログ村ランキング】
おやじランナーの
ランニング活動を
応援していただける
方は、『左の写真』
ぜひ『ワンクリック』
ご協力お願いします。