にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
          ブログ村ランキングに参加中です

『今日の一枚』  今日のランニング(10.012km、49:38)

おやじランナーのランニング活動を応援してくださる方、
写真をワンクリック!お願いしますね 
みなさんの激励・応援のおかげで、頑張ることができます 



【今日のトレーニング】
今月のランニング距離累計:77.7km

◯ランニング (約10.0kmペース走) 49:38
※5分弱ペースのペース走ですが、心臓が持ちません(泣)

◯トレーニング 腹筋50+横腹筋50

◯ストレッチ  股関節、肩甲骨


【本日の練習】
WS002













今日は5分前後のラップでペース走をやってみようと思いました。
いつものように立ち上がりの2kmはウォーミングアップで。
しかしこんなペースでも、私の心臓はバクバクし、足は疲れを見せます。
委細かまわずグイグイスピードを上げて走ってみますが、ハラホレヒレハレ・・・。
みるみるバテバテ状態に・・・。
今の私には、おそらく4分台のラップというのは、短距離走のペースで長距離を走ろうとしている小学生みたいな感じなんでしょうね。
こりゃいかん。
やはりここを乗り切るには走り込みしかないですね。

8man おやじランナーのランニング活動を応援してくださる方、ワンクリックお願いします。

ブログ村ランキングに参加中です


【本日のテーマ】
『マラソンを速くなるには』

マラソンを速く走るには距離が必要・・・なのでしょうか?

この考え方には賛否両論あり、意見の分かれるところではないかと思います。
実際市民ランナーでも、月間300kmあたりを境目に、多い少ないが判断されたり、またそのように「多い少ない」が判断されるということは、どれほど距離を走ったかということが1つの練習のバロメーターとして用いられていることは間違いないのです。
それに対して、距離を多く走ることに警笛を鳴らす、というよりむしろ、距離を走らない方がよいと唱える方もいらっしゃる。

1106072995












果たしてどちらが正解でしょうか。
私は基本的に「距離を走らないと速くならない」と思っています。
もちろん条件付きです。

2002年に初レースに参加して以来、2005年頃から本格的に大会に出るようになりました。
そのころ、同じ同僚の体育の先生で、長距離が専門の方がいました。
その先生に、「マラソンが速くなるにはどうしたらいいですか?」と、単刀直入に聞いたことがあります。
返ってきた答えは2つ。
1つはランニングシューズを買うこと、もう1つは単純にたくさん走ること、でした。
ランニングシューズの件は、私が安物のシューズで走っていたのを見たからでしょう。
実際、言われるとおり、アシックスのスカイセンサーを買って初めて走ったときの感覚は、今でも覚えています。
とにかく羽が生えたような感じすらしました。
そして距離を走ること。

当時の私は、今から思えば、全くのランニング素人に近い状態。
確かに大学時代に体育会系のサークルで、定期的に走ったりはしていましたが、それも20年近くブランクのある話。
なのでとにかく距離を走らなければ・・・というので毎日頑張って走っていましたよ。
1日5kmのコースを作って、雨の日も風の日も。
今思えば5kmって大したことない距離ですが、走る週間のない私にとって、毎日の5kmはかなりの負担。
数年たって5kmが物足りなく感じてくると、10kmのコースを作って走り始めます。
これもほとんど毎日。
従って、月間300kmは普通に走れますよね。
さらに10kmが物足りなくなると、15km以上のコースを作って、時間のあるときは15km~25kmぐらいを週に2~3回、それ以外の日は10kmの短いコース、という具合に、とにかく距離を積み重ねた時期がありました。
私の場合、距離を走った時期=記録が上がった時期、でした。
なので、私に関しては、速くなりたければ基本的に距離を増やせばいい、と思っています。

ただしここで断っておきたいのは、距離だけにこだわって内容や質を考えなかったり、故障気味なのに距離を走るために無理したりということをしては逆効果だと言うことです。
距離を数字上の帳尻あわせのために走ることで逆効果になるということは、何となくわかると思うんです。
なので、「速くなるために距離を積み重ねている」という原点を頭にとどめながら、距離を増やすのが一番いいと思います。

それから先ほどの書籍、「長い距離を走らなくてもマラソンは速くなる!」について、いかがお考えでしょう。
実は48歳の別府大分でサブスリーにチャレンジし、それ以降昨年まで、サブスリーを目標にがんばってくる過程で、私はこの本に出会い、やみくもに距離を稼ぐ練習をやめました。
なぜならこの本の著者も、アラ5世代でサブスリーを達成した方でしたから、効果を期待して・・・。
結果はどんどん記録が下降してしまいました。
もちろん、この本のせいだとは言えないかもしれませんが、今思えば長い距離、それもほぼ毎日走れていた時期が、一番速かったし、この年でもまだ更新できるのかと言うほど、自己記録を更新し続けていました。

距離を走ってもダメだという論調のコラムに物申します。
まずは距離を走らないと、ランニングの基礎体力は維持できません。
長い距離を走らなくてもいいなんていうと、自分に言い訳を作って、走らなくなる・・・さぼってしまうことになります。
みなさん、距離を走りましょう。
ただし、ケガには要注意です。

8man おやじランナーのランニング活動を応援してくださる方、ワンクリックお願いします。

ブログ村ランキングに参加中です


【今日の翔太】

浪費の1日でした。
ああ、もっといい1日にしたかった。
何をするでもなく昼を迎え、次男の少年野球の自主トレに行ったらきていたのはわずかに3人。
2時間ほどだけ練習して、次男を引き連れ坂道をランニング。
4時頃帰った頃には何だか私が疲れてしまっていて、自分の練習に入れず。
夕食してどっぷりとうたた寝。
これじゃいかんと夜9時頃から10km走ることに。
そう、距離を走らないと力は戻りませんから。
今日休んじゃうと、今までの積み重ねがもったいない。
今月はとにかく走れるだけ走ることにします。

でもケガには要注意なんだよね、確か。


今日の格言

『走った距離は裏切らない・・・と思いますよ』


最後まで読んでいただき、ありがとうございました
ブログランキングの応援お願いします
皆さんのワンクリックが力になります
よろしければこの写真をポチッとお願いします


frank


【ブログ村ランキング】
おやじランナーの
ランニング活動を
応援していただける
方は、『左の写真』
ぜひ『ワンクリック』
ご協力お願いします。